医者

毛根にまで効果が及ぶ原因

抗がん剤の効果は、活発に分裂をする細胞を攻撃することです。そのため、毛根細胞にまで効果が及んでしまうので、副作用として脱毛の症状が引き起こされます。投薬前までに万全の体制を整えましょう。

診察室

条件を満たしているか

症状の度合いによっては、通院での抗がん剤治療が受けられます。ただし、誰もが受けられるわけではないので、病状にぴったりな薬剤であるか、副作用対策で病院が自宅近くにあるかどうか確認してから利用するのが望ましいです。

相談

免疫療法と併用

複数の抗がん剤を用いれば、がん細胞を弱らせやすいですが、体にかかる負担が甚大です。副作用の影響を最小限に抑えたいのであれば、免疫療法と併用するのはいかがでしょうか。

特性を知れば怖くない

医者と看護師

副作用が気になってしまう

抗がん剤の効果は、活発に細胞を増殖させるがん細胞を効果的に攻撃するところです。薬剤の効果が、広範囲に広がるので、体内に潜むがん細胞を小さくするのは勿論、転移や再発のリスクを最小限にしてくれます。現在、主流となっているがん治療の中で、治療効果が及ぶ範囲が広めなのは確かです。また、がん治療のメインで利用できれば、外科的な療法や放射線治療と並行して行なえる特性を持っています。組み合わせによって、まったく異なるがんにも対抗できるのです。そんな抗がん剤は、副作用の症状が気になってしまいます。薬剤注入後、倦怠感やおう吐は勿論、脱毛の症状までもが発生してしまうのです。そんな抗がん剤治療ですが、医学の進歩によって副作用の症状がだいぶ抑えられてきています。現代の医学なら、副作用の症状に関するストレスを抑えて治療が受けやすくなっています。

利用する薬剤の特性を知るのも重要

もし、抗がん剤治療を選ぶのであれば、利用する薬剤のメリットとデメリットについて把握しておくのも大切です。がん細胞に対して、どんな効果がもたらされるのか、体に現れる不調の特徴は何なのかを把握すれば、万全な態勢でがん治療に臨みやすくなるからです。例えば、脱毛の症状が現れるのであれば、事前にヘアカットを施す、複数のウィッグを用意するなどを行なえば、脱毛のストレスを緩和出来ます。ストレスを減らしてがん治療に臨むために、かかりつけの医師に用いる抗がん剤について詳しく聞いてみましょう。