免疫療法と併用

相談

併用療法を行なうなら

抗がん剤は、種類によって現れる作用と副作用が異なります。そのため、効果がある抗がん剤を見つけ出すために、複数の抗がん剤を同時投与あるいは順繰りでの投与を行おうとする人も中にはいます。異なる抗がん剤を複数用いれば、がん細胞へ強力な攻撃ができますが、その分副作用の影響が増すので体へ与える負担も大きくなってしまいます。さすがに、体への影響を考慮すると、併用療法は避けたほうがいいのかと思ってしまいます。それなら、複数の抗がん剤ではなく強化した免疫細胞を注入してみるのはいかがですか。自身の免疫細胞を抽出してから増殖・強化をしてから戻す免疫療法と併用すれば、体へ与える負担も最小限に抑えられます。

お互いの弱点を補充する

抗がん剤と免疫療法の併用は、単純に副作用の負担を軽減させるだけではありません。双方が持つ弱点を補いながら、がん細胞をガンガン攻撃できるのです。抗がん剤の効果は、早く細胞分裂を繰り返すタイプのがんに高い効果を発揮します。逆に、免疫療法は細胞分裂が遅めのがん細胞に効果を発揮するのです。双方同時に利用すれば、その場にとどまるがん細胞と、転移して別の場所を蝕むがん細胞へ同時に攻撃ができるのです。効率よくがん細胞を死滅させたいのであれば、抗がん剤と免疫療法を併用してみるのも最適です。もし、併用したいのであれば、免疫療法に精通する専門クリニックに相談してみるところから始めましょう。