条件を満たしているか

診察室

通院でも治療が可能

抗がん剤を用いた治療法は、副作用や容体の急変などに対処するために入院することが一般的です。強く表れてしまう副作用の症状を抑制するために、迅速に対応する必要があったからです。しかし、それらはまだ抗がん剤の種類が限られている頃の話です。医療技術が発達した現代では、抗がん剤の種類が豊富になっていて、副作用の症状を軽減させやすくなっています。また、精神的な負担を軽減する方法も確立されています。現在では、精神的にも身体的にも負担を感じずにがん治療が受けられる時代となっているのは確かです。症状の度合いによっては、入院せずに通院での抗がん剤投与治療で済ませられるケースもあります。

日帰りは誰も利用できるわけではない

通院での抗がん剤投与なら、リラックスできる自宅で療養が出来るメリットがあります。生活リズムを乱さずに治療が続けられますが、誰もが気軽に利用できる療法というわけではないのを知っていただきたいです。日帰りでのがん治療を受けたい場合、日常生活を問題なくおくれる体力を有しているか、ぴったりな抗がん剤が見つかったかどうかです。自宅と病院を行き来できる体力を有しているか、病状に対してぴったりな抗がん剤が見つかっていれば、通院でも着実に症状を改善傾向に持っていきやすいからです。また、副作用対策や容体急変にすぐ対応してもらえるために、病院から近い場所に住んでいることが、より望ましいです。