毛根にまで効果が及ぶ原因

医者

だいぶ副作用の症状は抑制されている

がん治療において、抗がん剤を用いた療法はどうしても副作用が気になりますね。吐き気やだるさ、しびれ、出血などの症状が現れると闘病体験者ブログや著書で見受けられます。かなり過酷な印象を受けてしまいますが、近年の医療技術発達に伴い、副作用の症状を抑制するための薬剤も誕生しています。そのた、め、投与後に不調が現れてもすぐに症状を抑制できるので、ストレス無く闘病生活をおくれます。

脱毛の症状が現れた

副作用の症状の中で、気持ちを憂鬱にさせてしまうのが、脱毛の症状です。抗がん剤を用いた療法で、脱毛の症状があらわれてしまうのかというと、毛根細胞の性質に関係しています。毛根細胞はがん細胞同様、活発に細胞分裂を行なっているため、抗がん剤の成分が攻撃を加えてしまうのです。ただし、脱毛の症状は、個人差があります。抜けないからと言って、抗がん剤が効果を発揮していないと言うわけではありません。

脱毛への対策

脱毛が気になるなら、専門クリニックで抗がん剤治療を受ける前に万全の対策を施しましょう。投与される前に、美容室で髪を短めにカットする、複数のウィッグや帽子などを用意しておけば、治療期間中はストレスを感じにくくなります。ショートにしておけば、大量に毛が抜けても精神的な負担が少なくなります。また、ウィッグや帽子を複数用意すれば、闘病生活中に良い気分転換になれます。脱毛によるストレスを最小限に抑えるために、ヘアカットやグッズ用意を済ませておきましょう。